横浜,看護師求人

回復期リハ病棟で働く看護師について

回復期リハビリテーション病棟とは一体なんなかみなさんは理解できているでしょうか。
回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患や大腿骨頸部骨折・・・と言った患者さんに対して日常生活ができる能力に達するハビリテーションを集中的に行う病棟のことです。
看護師の患者さんとの関わり合い方は本来の病院と回復期リハビリテーション病棟は多少異なっています。
なぜなら、病院とは正確に言えば、病気を治す場所であり、 在宅復帰を目指すまでに至ってないケースが多いからです。
しかし、患者さんにとってはこのように在宅復帰に至るリハビリテーションも必然なのです。
回復期リハビリテーション病棟という場所は、 医師、 看護師・介護福祉士・理学療法士、栄養士・医療相談員と言った人たちが専門チームを作り、 患者さんに対して患者さんに合ったプログラムを実践して行きます。
回復期リハビリテーション病棟での看護師の役割は、兎に角患者さんがリハビリテーションに集中できるように支援をしていくことです。
健康障害に関わるチェックも看護師の役目です。
チームなので、医師、 看護師・介護福祉士・理学療法士、栄養士・医療相談員と言った人たちともうまくコミュニケーションが取れなくてはならない一方で、患者さんの家族と相談指導も行います。

 

サイトマップ